次世代医療基盤法、認定事業者は「初年度に100万人以上の情報収集」を

 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団は2018年7月12日、エキスパート研修会「ICTがもたらす企業変革―未来の製薬産業を思い描く―」を開催した。基調講演に登壇した内閣官房の健康・医療戦略室企画官の堀内直哉氏は5月に施行されたばかりの「次世代医療基盤法」について、法律の趣旨や認定事業者の条件などを詳しく説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)