超音波治療は認知症患者に朗報となるか

 アルツハイマー病患者の脳に蓄積したアミロイドβ(Aβ)を、薬ではなく特殊な条件の低出力パルス波超音波(low-intensity pulsed ultrasound: LIPUS)によって減少させる新しい治療法の探索的医師主導治験を、東北大学大学院医学系研究科循環器内科の下川宏明教授を中心とするグループが開始した。アルツハイマー病の治療は、コリンエステラーゼ阻害薬の使用が一般的であり、次世代の治療法としてアミロイドβ(Aβ)の蓄積を遅らせることを主眼とした抗体治療の臨床開発が進んでいる。LIPUS治療はこれら薬物療法とは全く異なった原理を持つ画期的な治療法であり、治験の結果が非常に注目される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)