テルモなど、阪大発の他家iPS細胞由来心筋細胞シートのベンチャーに出資

 他家のiPS細胞由来心筋細胞シートの実用化を目指すクオリプス(東京・中央、飯野直子社長)は、2018年7月11日、第一三共やテルモ、京都大学イノベーションキャピタル(京都市左京区、室田浩司社長、京都iCAP)などを引受先として総額約10億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)