バイオシミラー協議会は2018年7月10日、「第4回バイオシミラーフォーラム」を開催した。日本でも普及してきたジェネリック医薬品に比べて、バイオシミラーは認知度も使用比率も高まっているとは言えない状況が続いている。フォーラム後の記者会見でバイオシミラー協議会の黒川達夫理事長は「国内のバイオ産業を育成するという観点からも、バイオシミラーの普及は重要だ」と述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)