英Bath大学と英Cardiff大学の研究者らは、CRISPR/Cas9システムを利用したゲノム編集を安価で安全なアミノ酸を用いてのスイッチ・オン/オフする技術を開発し、Scientific Reports誌オンライン版に、2018年7月3日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)