米Aveo Pharmaceuticals社は、スイスNovartis社と2015年8月に結んでいたGDF15(growth differentiation factor 15)を標的とするヒト化抗体AV-380および関連抗体の世界的独占的ライセンス契約について、Novartis社から2018年6月29日に終了を通告されていた。2018年6月29日、同社が米証券取引委員会(SEC)に提出したForm 8-Kから明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)