日産化学は、2018年7月6日、大阪大学大学院薬学研究科の小比賀聡教授の研究成果を基に設立されたベンチャー企業のルクサナバイオテク(大阪府吹田市、佐藤秀昭社長)と、核酸医薬の創製を目指し、共同研究契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)