エーザイと米Biogen社は、2018年7月6日、ヒト化抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体であるBAN2401のフェーズIIの最終解析を行ったところ、最高用量群において、副次的評価項目に設定されていた18カ月時点での認知機能の評価指標の有意な改善、脳内Aβの蓄積量の有意な減少が認められたなどとするトップラインの結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)