米Rush大学医療センターの研究者たちは、アルツハイマー病(AD)モデルマウスを用いて、低用量アスピリンが脳内に沈着したアミロイド斑の除去を促進する可能性を示唆した。実験結果はNuroscience誌オンライン版に、2018年7月2日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)