大腸癌のセッション全体を見渡すとリキッドバイオプシーに関する演題が非常に多くなり、その中には抗EGFR抗体のリチャレンジや投与のタイミングなど、実臨床のヒントになる演題がありました。今や臨床試験はバイオマーカーがないと解釈が難しく、その結果もなかなか認められないという、バイオマーカーが必須の時代になっていると感じました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)