欧州医薬品庁(EMA)は、2018年6月29日、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法である、スイスNovartis社の「Kimriah」(tisagenlecleucel)および米Kite Pharma社の「Yescarta」(axicabtagene ciloleucel)の2製品について承認勧告を行った。6月25日から28日にかけて開催されたEMAのヒト医薬品委員会(CHMP)での決定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)