腸内細菌叢の安定性、不安定性に生活習慣が関係

 サイキンソー(東京・渋谷)と国立情報学研究所のグループが、ウェブサービスを介して集めた日本人コホートの腸内細菌叢の経時的な変動を個人レベルで解析、その安定性、不安定性には個人差があるとともに生活習慣と相関があることを確認した。2018年5月31日から東京で開催された第22回腸内細菌学会で報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)