厚労省三浦経済課長、「新薬開発では既存薬に対する優越性が重要に」

 厚生労働省医政局経済課の三浦明課長は、2018年6月29日、都内で開催されている第2回バイオ医薬EXPOの特別講演「医薬品産業とがんゲノム医療の将来展望」で講演。薬価制度の抜本改革に関連し、新薬を開発する際は、既存治療に対する優越性を示すことが重要になるとの認識を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)