1次治療としてイリノテカンベースの化学療法と抗EGFR抗体セツキシマブを投与し、2次治療でオキサリプラチンベースの化学療法とベバシズマブを投与したRAS/BRAF遺伝子野生型進行大腸癌の3次治療として、イリノテカンとセツキシマブの再投与を行う場合に、3次治療の前にリキッドバイオプシーを行うことが有用である可能性が明らかとなった。イリノテカンとセツキシマブの3次治療での再投与を評価したフェーズII試験CRICKETのトランスレーショナルな解析の結果、分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)