国立がん研究センターと日本ベクトン・ディッキンソン(日本BD)は、2018年6月27日、免疫チェックポイント阻害薬の効果を予測する基盤技術の開発に向け、共同研究契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)