東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野・心の健康プロジェクトの奥村泰之・主席研究員と児童精神科医らのグループが、レセプトデータを解析し、子どもへの抗精神病薬の処方に当たって、必要とされる血糖検査、プロラクチン検査の施行が不十分である実態を明らかにした。奥村研究員らは、この結果をJournal of Child and Adolescent Psychopharmacology誌6月11日号で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)