みらか、750億円投じてあきる野市にグループの中核施設建設へ

 みらかホールディングスは、2018年6月25日、750億円を投じ、東京都あきる野市に、グループの中核施設として検査ラボや研究開発施設を備えた新セントラルラボラトリーを建設すると発表した。2019年2月に着工し、2020年6月に竣工する予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)