J-TEC、急性リンパ性白血病対象の自家CART療法を開発へ

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は、2018年6月21日、自家キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法の企業治験の開始に向けて、名古屋大学や信州大学と、CARTの製造方法に関する特許のライセンス契約を締結したと発表した。同契約に基づきJ-TECは今後、CD19 陽性急性リンパ性白血病(ALL)を対象とした自家CARTを国内で開発や製造、販売する独占的実施権を名古屋大と信州大から取得する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)