PRISM Pharma、低分子の肝硬変治療薬を大原薬品工業に導出

 PRISM Pharma(神奈川県横浜市、竹原大代表取締役)は、2018年6月21日、肝硬変などの線維性疾患を対象とした低分子化合物PRI-724を、希少疾病用医薬品などの開発を手掛ける大原薬品工業(滋賀県甲賀市、大原誠司社長)に導出したことを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)