米Solid Biosciences社は2018年6月18日、中断していたデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)遺伝子治療候補SGT-001のフェーズI/II(IGNITE DMD試験、NCT03368742)について、米食品医薬品局(FDA)から差し止めが解除されたと発表した。試験再開に向けて患者登録をできる限り早く始めるとしている。差し止め解除により、2019年下半期に予定していた最初の中間解析データの公表が実現しそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)