印刷する

閉じる

阪大の村中氏と理研の梅基氏ら、ジャガイモ新技術連絡協議会を設立へ

DNAを組み込まずにゲノム編集する“アグロ変異法”で毒物低減
(2018.06.21 08:00)1pt
河田孝雄

 大阪大学大学院工学研究科の村中俊哉教授と、理化学研究所環境資源科学研究センター(理研CSRS)の梅基直行上級研究員が設立発起人になり、ジャガイモ新技術連絡協議会が設立される。2018年7月5日に大阪大学工学研究科オープンイノベーションオフィス、翌7月6日に理研東京研究支援室にて設立説明会を開催する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み