Charpentier氏/Doudna氏らのCRISPR/Cas9基本特許が米国で成立

 アイルランドERS Genomics社は2018年6月19日、CRISPR/Cas9技術をゲノム編集に用いることを含むEmmanuelle Charpentier氏と米University of California、オーストリアUniversity of Viennaの特許が、米国で初めて成立したと、発表した。この特許は、欧州や中国、日本を含む45カ国以上で成立している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)