英Cambridge大学や米Merck社などの研究者たちは、ヒト血漿を対象に、遺伝的変異と個々の蛋白質の量を関連づけたアトラスを作製した。研究の詳細はNature誌の2018年6月7日号に報告された。研究者らは今回得たデータを全世界に向けて公開している(http://www.phpc.cam.ac.uk/ceu/proteins/)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)