早大、千葉大ミオシンの改変で原形質流動を制御

 早稲田大学教育・総合科学学術院 統合細胞生物学研究室の富永基樹准教授と千葉大学大学院・理学研究院・生物分子モーター研究室の伊藤光二教授が、ミオシンを改変することによって、細胞内の原形質流動を制御し、植物体の大型化や種子産生の増強を試みている。既にモデル植物のシロイヌナズナによる基礎的な実験に成功しており、今後は資源植物の大型化に取り組む予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)