高速セルソーターのシンクサイトが3億5000万円を調達

 高速の次世代細胞分析分離システム(セルソーター)の開発を行っているシンクサイト(東京・文京、勝田和一郎代表取締役)は総額3億5000万円の資金調達を実施したと2018年6月15日に発表した。資金調達の引受先は、リアルテックファンド(無限責任組合員:ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル)、科学技術振興機構(JST)、大阪大学ベンチャーキャピタルだ。6月15日3時には、シンクサイトが東京大学や大阪大学と共同で開発した高速蛍光イメージングセルソーターであるゴーストサイトメトリーの成果が、Science誌にて論文発表された。2018年度中にこの装置を用いた臨床研究が開始される予定で、シンクサイトは研究用プロトタイプ装置の提供を2019年度に開始する予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)