天野エンザイム、円順列置換で酵素の基質特異性を改善

 天野エンザイム(名古屋市中区)は、米Emory UniversityのStefan Lutz教授が開発した円順列置換(Circular Permutation;CP)変異法を用いて、診断用酵素の基質特異性を向上させる成果を得た。2018年6月1日に天野エンザイム科学技術振興財団が開催した第19回酵素応用シンポジウムにて、天野エンザイム岐阜研究所マーケティング本部フロンティア研究部の石原聡研究員が「特異な蛋白質進化Circulate permutationによる酵素の機能改変」と題する講演で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)