タグシクス、シリーズBで調達した5億円でアプタマーの自社創薬など加速

 人工塩基対を利用したアプタマーの作製技術とスクリーニングに強みを持つタグシクス・バイオ(東京・目黒、古関千寿子社長)は、2018年4月、総額5億円の第三者割当増資を実施した。2018年5月28日、同社の古関千寿子社長と、取締役兼事業開発部長の望月昭典副社長が本誌の取材に応じ、同社が現在開発を目指すアプタマーなどについて説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)