東京都、エコシステム構築へ創薬系ベンチャー企業や起業志望者を支援

 東京都は、2018年6月13日、創薬系ベンチャー支援事業として創薬系ベンチャー育成プログラム「Blockbuster TOKYO」を新たに立ち上げ、募集を開始すると発表した。同事業の委託先であるベンチャーキャピタル、Beyond Next Ventures(東京・中央、伊藤毅社長)が、創薬系シーズを持つ起業を目指す研究者や起業志望者、カーブアウトを計画している起業志望者、起業済みのベンチャー企業など向けに、3種類のプログラムを提供する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)