米Pfizer社は2018年6月6日、同社の投資部門であるPfizer Ventures社がバイオテクノロジーのベンチャー企業などに新たに6億ドル(約662億円)を投資すると発表した。投資額の増加とともに、Pfizer Ventures社の投資部門を拡大し、臨床開発に至るまでの事業で積極的なリーダーシップをとる投資戦略も明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)