文部科学省の医療分野研究成果展開事業作業部会(主査=木村廣道・東京大学大学院薬学系研究科客員教授)は2018年6月11日、日本医療研究開発機構(AMED)のオールジャパンでの医療機器開発プロジェクトの中で医療分野研究成果展開事業について「適切」であり、今後も継続すべきとする中間評価結果を取りまとめた。今後、文科省のライフサイエンス委員会に報告する。



【訂正180615】当初、医療分野研究成果展開事業作業部会の主査を中野壮陛・医療機器センター専務理事としていましたが、中村専務理事は主査代理でした。同部会の主査は、木村廣道・東京大学大学院薬学系研究科客員教授です。お詫びして訂正致します。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)