日本マイクロバイオームコンソーシアム、解析法の標準化で産総研と連携

 一般社団法人日本マイクロバイオームコンソーシアム(JMBC)と産業技術総合研究所は2018年6月7日、ヒトマイクロバイオームの解析法の標準化に向け、両者の連携に関する覚書を締結したと発表した。今後共同研究を通じ、次世代シーケンサー(NGS)を利用したマイクロバイオームの16SrRNA遺伝子アンプリコン解析用の標準物質の開発などを手掛ける。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)