米California大学San Diego校(UCSD)のShyni Varghese氏らは、癌以外の骨髄疾患の治療に適用できる可能性がある骨様インプラントを作製し、マウスを用いてその有望性を確認した。研究の結果はPNAS誌に、2018年5月8日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)