バイエル、ベンチャー支援のインキュベーションラボを神戸に開設

 バイエル薬品は、2018年6月6日、神戸医療産業都市の神戸国際ビジネスセンター(KIBIC)内に、ベンチャー企業を支援する目的でインキュベーションラボ「CoLaborator Kobe (コラボレーター神戸)」を開設し、オープンセレモニーを開催した。大阪大学発ベンチャーでエピジェネティック創薬を目指すEpigeneronと、京都大学発ベンチャーでiPS細胞由来心筋細胞を利用した創薬ツールなどの開発を目指すマイオリッジが、CoLaborator Kobeに入居することが決まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)