米GRAIL社によれば、肺癌の早期発見を目指して同社が開発している、血中の無細胞血漿DNA(cfDNA)に含まれる肺癌由来遺伝子変異を、次世代シーケンサー(NGS)で検出する3通りのリキッドバイオプシーに関して、その精度を検討した米Dana Farber癌研究所のGeoffrey R. Oxnard氏らが、2018年6月4日、検討結果を米臨床腫瘍学会2018(ASCO2018)で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)