オーガンテクノロジーズ、ヒト毛包原基の非臨床試験を開始へ

 オーガンテクノロジーズ(東京・港、杉村泰宏社長)と理化学研究所は、2018年6月4日に都内で記者会見を開催し、脱毛症に対する開発を念頭に、自家の毛包器官の再生医療に向けた非臨床試験を2018年7月から開始すると発表した。2018年中にも非臨床試験を終え、その後第2種の再生医療として臨床研究を開始する準備を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)