第一三共は、固形癌で臨床開発中のDS-8201、U3-1402の2つの抗体薬物複合体(ADC)について、高い有用性を示唆する最新データを2018年6月の米臨床腫瘍学会2018(ASCO2018)で発表した。癌を重点領域とする開発戦略を進める中で(関連記事1、関連記事2)、フェーズIIまで進めているDS-8201は、複数の固形癌を対象として引き続き順調な試験成績が認められた。臨床入りした2つ目のADCであるU3-1402の臨床データは初公表だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)