米Myriad Genetics社は2018年5月28日、出生前遺伝子検査の開発で急成長している米Counsyl社を3億7500万ドル(約408億円)で買収することで合意したと発表した。買収手続きはMyriad社会計年度の2019年第1四半期に完了する見込みで、それをもってCounsyl社はMyriad社の完全子会社になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)