島津製作所の細胞事業開発室、細胞製造工程の品質管理に注力

 島津製作所は、再生医療向けの細胞の製造工程の品質管理などに必要な装置の開発などを手掛けるため、2014年に「細胞事業開発室」を設置した。再生医療向けの細胞を培養している途中の培養液中の代謝物を分析する装置など、品質管理に利用する装置の開発などを手掛けている。同社細胞事業開発室の阿部浩久室長に、2018年4月25日、細胞事業開発室の取り組みなどについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)