タカラバイオは、2018年5月31日、腫瘍溶解性ウイルスHF10(Canerpaturev:C-REV)の米国でのフェーズIIの結果の概要を発表した。詳細は、2018年6月1日からシカゴで行われる米臨床腫瘍学会(ASCO)2018で発表される。今回は、腫瘍の遺伝子解析などの結果も公表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)