AMEDの2018年度調整費、遺伝子治療分野で新規の課題に配分へ

 日本医療研究開発機構(AMED)は、2018年5月30日、2018年度第1回の調整費の配分についての会見を行った。総額で148億5000万円を配分する(関連記事1)。またAMEDは、2018年6月4日から、AMEDが支援している研究開発課題について、課題名、研究者名、研究費の配分額、研究成果などを検索できるデータベースを一般に公開する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)