国内製薬、免疫炎症性疾患の検体解析データなど活用でコンソ立ち上げ

 第一三共、田辺三菱製薬、小野薬品工業は、2018年5月30日、慶應義塾大学、高知大学、医薬基盤・健康・栄養研究所と、免疫炎症性疾患の病態研究や創薬研究を行うため、「免疫炎症性難病創薬コンソーシアム」を発足させたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)