中外製薬は、2018年5月29日、ヒト化抗ヒトIL6レセプターモノクローナル抗体「アクテムラ」(トシリズマブ)について、キメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞(CART)療法に伴うサイトカイン放出症候群(cytokine release syndrome:CRS)に対する効能・効果追加の承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)