湧永製薬、19年前導出の自社創薬品の米発売が利益に貢献へ

2017年7月に欧州子会社を設立、海外事業を2倍へ
(2018.05.29 08:00)1pt
河田孝雄

 湧永製薬(大阪市淀川区、湧永寛仁社長)は2018年5月28日、記者セミナーを開催し、熟成ニンニク抽出液(AGE)を主成分とする犬用健康補助食品「ワンサポート」を7月から販売開始することなどを発表した。ペット分野で4年ほど前から共同研究を進めている鹿児島大学獣医学部の大和修教授が「ペット『犬』」の医療の現状と熟成ニンニク抽出液の可能性について」と題する講演を行った。湧永社長は、新規参入するペット市場でまずは通年ベースで5000万円の売上高を目指すと話した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧