そーせいグループは2018年5月24日、ペプチドリームとのG蛋白質共役型受容体(GPCR)標的薬の共同開発で、プロテアーゼ活性化受容体2(PAR2)のペプチドアンタゴニストを同定したと発表した。両社の技術基盤の融合による相乗的な研究成果で、有望なリードペプチドの臨床開発に向けた特性分析と最適化の段階に入った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)