ジェネリック医薬品メーカーの陽進堂(富山県、北村博樹社長)は2018年5月11日、関節リウマチ治療薬「エンブレル」のバイオ後続品YLB113について、日本で製造販売承認を申請し、受理されたと発表した。順調に審査が進めば2019年にも承認され、販売される見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)