人工関節ジンマーバイオメットなど、自由診療PRP療法の導入支援開始へ

セルソースと共同で2022年に180億円の売り上げを目指す
(2018.03.16 08:00)1pt
高橋厚妃

 人工関節の開発と販売を手掛ける米Zimmer Biomet Holdings社の日本法人であるジンマーバイオメット合同会社(東京・港、松本政浩社長)と、脂肪細胞の製造受託を手掛けるベンチャー企業のセルソース(東京・港、裙本理人社長)は、整形外科のクリニックに対し、多血小板血漿(Platelet Rich Plasma:PRP)療法などの再生医療を提供するための導入支援サービスを開始する。2018年3月15日、両社がサービス内容について記者会見を開催した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧