消費者庁、「組換えでない」任意表示の条件を「5%以下」から「不検出」に引き下げ

対応に必要な新検出法を国立衛研が2018年度に開発へ
(2018.03.15 08:00)1pt
河田孝雄

 消費者庁の第10回遺伝子組換え表示制度に関する検討会が2018年3月14日に公開で開催され、検討会報告書(案)について審議し、案について2カ所の文言を加えるなどを変更して報告書として取りまとめることを決定した。報告書は3月中に消費者庁がウェブサイトで公表する。「遺伝子組換えでない」という任意表示が認められる条件を、現行制度の「5%以下」から「不検出」へと引き下げることが適当とした。前回の2月14日の検討会で課題として積み残されていた変更後の“0%(検出限界以下)”の適切な文言について「不検出」とすることが決まった。検討会後に記者会見を開き、検討会の座長を務めた東京海洋大学学術研究院食品生産科学部門の湯川剛一郎教授(2018年3月末で定年退官)、事務局を務めた消費者庁食品表示企画課の赤崎暢彦課長らが登壇した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧