東大、腸炎悪化から寛解までのマウス結腸中の脂質を網羅的に解析

今後ヒトの腸炎患者で解析が進めば、脂質濃度で患者のモニタリングが行える可能性も
(2018.03.14 08:00)1pt
高橋厚妃

 東京大学大学院農学生命科学研究科の村田幸久准教授と濱端大貴大学院生らの研究グループは、マウスの腸炎モデルを作製し、炎症の発症から悪化、回復期でそれぞれ直腸中の脂質メディエーターの濃度を網羅的に測定して解析。炎症が悪化すると、肉や卵などに多く含まれているオメガ6脂肪酸由来の脂質メディエーターの濃度が増加し、炎症が収束すると、魚などに多く含まれるオメガ3脂肪酸由来の脂質メディエーターの濃度が増加することを示した。研究成果は、2018年2月2日、The Journal of Lipid Research誌オンライン版に報告された。



ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧