印刷する

閉じる

米Magenta社と独Heidelberg社、骨髄移植前処理向けADCを開発へ

成果報酬は最大約360億円
(2018.03.13 08:00)1pt
大西淳子

 米Magenta Therapeutics社とドイツHeidelberg Pharma社は、2018年3月5日、骨髄移植を受ける患者の前処理に用いるための抗体薬物複合体(ADC)の開発を目的とする、独占的な研究協力契約を結んだと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み