大日本住友製薬、iPS細胞由来製品の治験薬など製造する施設が竣工

 大日本住友製薬は2018年3月1日、同社大阪府吹田市の総合研究所内に、「再生・細胞医薬製造プラント(Sumitomo Dainippon Manufacturing Plant for Regenerative Medicine & Cell Therapy:SMaRT)」を竣工した。同日同社は、記者や証券アナリスト向けにSMaRTを公開した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)